医者

医療費を計算

レセコンとは

レセコンとは、一般的には、レセプトを作成するコンピュータのことを略した言い方であります。日本においては、日本の課題ともいわれる高齢化社会の到来を迎えて、医師や看護師、薬剤師など医療従事者の人材不足が顕著になってきており、レセコンの登場も、そんな人手不足の状況を救うべくアイテムとして脚光を浴びる存在になってきました。 実際にレセコンの製造・販売を手掛ける業者にとっては、如何に普及率を高めて、レセコンの価格を抑えることができるかが求められていますが、現状としては、まだ道半ばであるといえます。 今後においても、業務のスリム化を考えた場合には、レセコンのニーズが高まることが予測されますので、メーカー各社の競争は激化するものと思われます。

医療機関の負担軽減のために

医療費を計算するために、実施された検査や処方された薬を点数化して表示したものです。 レセコンは、「レセプト用コンピュータ」の略で、医療機関がレセプトを作成するためのコンピュータの事を指します。かつて明細書を作成するには、専門的な知識と、複雑かつ正確な計算が求められ、レセコンを使用しない医療機関の負担となっていました。しかしコンピュータの普及にともない、レセプトを請求する機能だけでなく、診療内容の入力、会計の清算から領収書の発行、処方箋の発行などをレセコンで行うという様々な機能が増えています。 現在、レセコンの普及率は9割を越えており、今後も医療機関にとって使いやすい機能が増えていくことが期待されます。