医者

予約制のシステム

予約制の一般化とシステムの導入

病院やクリニック等の医療機関においては多くの患者が順番を待つという状況ができてしまうことが多く、場合によっては診療時間内に全員を診ることができないということになってしまいます。そのため、急患を除いて診療予約制をとる医療機関が増えてきています。 その診療予約の行われ方についても近年では新しい傾向が生まれています。以前は診療を受けに訪れたときに次回の予約をするか、電話予約をするというのが一般的であり、あるいは当日の朝に来てその日の予約をするというシステムが取られていました。最近ではインターネットを活用して診療予約システムにログインし、空いている時間に予約を入れるという方法が広まってきているのです。これにより電話応対の手間とストレスを軽減することができているのです。

診療予約システムの運用のされ方とバリエーション

診療予約システムは比較的大きな病院やクリニックでは導入され、活用されています。ただし、その使われ方や導入されているシステムについては若干の違いがあります。診療予約システムを使って医療機関側も患者側も予約を入れたり取り消したりできるようにしている機関がある一方で、医療機関の担当者が患者の求めに応じて予約を入れていき、患者側はシステムに触れられないという方法で使用している機関もあるのです。後者の場合には診療予約の管理のためだけに使われているという状況になっています。 こういった診療予約システムは大手からベンチャーまで様々な企業によって制作されており、ソフトウェアとして販売されていたり、クラウドシステムとして提供されていたりとバリエーションに富んできています。